FC2コンテンツマーケット

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタクリ

2013年 03月21日 00:55 (木)

の花が見ごろです。きれいでした。

それはそうと、

フリーのGlitchというvstエフェクトを使いたいんだけど、32bitの
プラグインなんだねこれが。
今使ってるcubase7は64bit

cubaseのvstBridgeでもこのプラグインは起動しない。

rewireでうまいことできないか考えたが、rewireは32bitと64bitのバージョンがあるが、
それぞれをつなぐものはない。

そこで、rewireではなく、vstとして接続する別のアプローチを考えた。

フリーソフトでvsthostというものがあり、その名の通りvstプラグインのホストとして機能する。

vstエフェクトもvstiも自由に配線して使えるわけだが、
こいつ自体もLegreeというプラグインを利用することにより、ほかのホストのクライアントとして
機能することができるらしい。
また、vsthostの64bit下において、32bitのプラグインは利用可能。

つまり、32bitプラグインのホストとしてvsthostを起動し、そのvsthostをcubaseがvstインストゥルメントとして呼び出せば、実質的に32bitプラグインは64bitDAWで利用可能となるのではないだろうか。

と、考えるに至ったのである。

そんなことしなくてもjBredgeというシェアウェアを使えば、32bitプラグインは使えるわけだが、
やっぱりフリーソフトってロマンがあるでしょ。(意味不)

でも実際、vsthostはそういった目的でなくてもvst同士をつなぐのがわかりやすいから便利だと思う。

で、結局どうなったかというと、成功していない。

原因は謎。そもそも、やり方がよくわかってないし、vsthostについての日本語記述がネットに少なすぎる。(海外のソフト、日本語パッチなし)

せっかく構築した、エフェクトの設定の保存もうまくいかずに、毎度、dllの入ってるディレクトリを参照している。あほらしい。

頭が混乱して訳が分からなくなってきている。

というか、vsthostがオーディオの他DAWに対するin/outを備えてるかもいまいち分かってない。

これが、できれば僕は自分をほめたいです。

きょうはここらで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。